post by blogger |

AGAを受け入れること

AGAになってしまった以上、ある程度その事実を受け入れるのは重要だと思います。

AGAになってしまったということは、あなたは自分で鏡を見て、頭のどの部分かが薄いと感じたわけです。

ですが、そこで鏡の前で、「でもここは大丈夫だから。」などといった言い訳をするのはよくありません。

言い訳を言うことによって、あなたは自分のはげを隠そうとしています。

その隠す行為こそ、実は人に嫌われる要因なのです。

隠さずどうどうと見せることにより、あなたのAGAライフもまんざら悪くないものへと変わっていきます。

そう、日本とアメリカで違う最大のポイントは隠すか隠さないかにあります。

俳優のブルース・ウィルスは、映画ダイハードでわかるように自分の髪の毛が薄くなっているのを隠しません。

それでも格好良く見えるのは外人だからではありません。

はげなど気にせずどうどうとしているからです。

気になるから隠す、ではなくその部分をさらけ出すことにより、誰よりもさわやかで、いい感じの髪型になることでしょう。

そして同時にあなたの人間性も向上し、いい事だらけです。

あなたも、もし今隠そうとしていたのであれば、それをやめ、ブルース・ウィルスのようにさらけだしてみてはいかがでしょうか。

意外と周りは受け入れてくれますよ。

でもやっぱり髪の毛が欲しい、ヘアスタイルを色々変えて楽しめるようになりたい、そう考えるならやはり治療をすべきです。

福岡一押しAGA情報マトメサイト(http://www.ghinversiones.com/)にAGAの病院について情報がのっていますので参考にして下さい。

何もしないでいれば薄毛は進行してゆきます、どうにかしたいと思っているなら隠そう隠そうと考えず、専門のクリニックへ足を運び、今の状態はどの程度のものなのかも含め改善へ向けて行動を起こすようにしましょう。