金はそれ自体に価値があるのでインフレになっても着実に価値が上がるという利点があり、現金に換えたい時には電話やネットで金の買取業者に連絡して査定を依頼できるようです。
Show MenuHide Menu

金の保有について

2015年7月1日

金という金属は安定していて加工しやく、他の金属のように腐敗しないので、ずっと美しい状態を保っています。

金の用途は多種多様で、今でも高い需要があります。

しかし、現在では世界中の鉱山の75パーセントは採掘済みなので、将来金の価値が上がる日が来るかもしれません。

このように資産の一部を金で保有すると良いのは分かりましたが、現金を金に換えてから実際にはどのように保有したらいいのでしょうか?

例えば、金は不景気の時に価値が上がりますが、投資家でもない一般人が、お金に余裕があるときに少し金を買いたいという時には金貨の形で保有するのがいいでしょう。

計算すると金のバーを買う時よりは割高になりますが、一枚ずつ買えるので失敗するリスクが少ないですし、売りたくなったら一枚ずつ業者に買取ってもらうこともできます。

金貨では物足りない時には、もっとたくさんの量を買うことができ、よくある棒状の金のバーの形で買うこともできます。

しかし、バーの重さが500g以下だと加工の手数料と購入手数料がかかってしまうため、買う時は500gか1kgがいいようです。

Pickupページ⇒「バーチャージ」500グラム未満の金地金取引で発生

ちなみに、1kgの金のバーは500万円以上するようですが、10gの金のバーならば約4万円で購入することができるようです。

現在日本国内のどこでも金のバーを購入することはできますが、各会社によって毎日発表される値段が異なるため、一番安い会社で買って、一番高く売れる会社に買取ってもらうようにしましょう。