金はそれ自体に価値があるのでインフレになっても着実に価値が上がるという利点があり、現金に換えたい時には電話やネットで金の買取業者に連絡して査定を依頼できるようです。
Show MenuHide Menu

金ETFについて

2015年7月6日

財産として金を保有しておくのは非常に有効ですし、もしもの時の保険になります。

しかし、1kg500万円以上する金のバーは簡単には買えませんし、ただ保有しているだけでは手数料は掛かっても利息や配当金はありません。

そのため、財産を失うことの保険として金を保有するのは正解ですが、ただ保有しているだけでは儲けを生むのは難しいことでしょう。

この点で私の友人はネットで金の売り買いをしていました。

このシステムは、現在自分の保有している金を買取ってもらうこととは違うようです。

よく調べてみると、これは金ETFというシステムで実際に金を売り買いしているのではないそうです。

金ETFについては…http://www.etftop.com/kinetf.htmlこちらを参考に。

このシステムは株式を売り買いするのと同じような感じで、金を買えるようにする金融商品です。

金ETFも証券会社で扱っているので、金の銘柄を指定して購入したり、価格も随時入れ替わり、始値と終値、高値と安値、その日の出来高なども毎日変更します。

何百万円も出して金を購入するのは大変ですが、金ETFを使えば一口あたり数千から簡単に買えますし、維持費や保管料がかかることもありません。

金貨やバーは会社に買取ってもらう必要がありますが、金ETFは株と同じでネット上でボタン一つで売ることができます。

しかし、金ETFは投資信託なので、価格の変動に大きな影響を受けて、株式のように人気が集まると価格が上がるようになっています。

しかし、証券会社によっては、純金の保管を行っておらず、金ETFでは現物と交換できない場合もあるようなので注意が必要です。